当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. シンガポールカジノニュース

シンガポールカジノの観光客数がマカオ・韓国を超える!?

8月1日(金) - SankeiBiz

シンガポールの政府観光局(STB)が7月に発表した統計によると、2014年度1~3月期の観光による収入が前年同期比の5%増約4950億円に達していたとのこと。

これは、前年同期比の観光客数がほぼ同じであるにもかかわらず、近年営業を開始したカジノリゾートやエンターテインメント施設の収益が好調なことが理由の1つに挙げられている。


また1~3月期の観光収入内訳は、カジノリゾート・エンターテインメント施設などが全体の27%、ホテルが約22%、ショッピングセンター・ショッピングモールが約18%、レストランやバーなど飲食店によるものが約10%を占める結果となった。


一方で、中国は格安団体旅行に法律の規制が入ったことが原因で観光客数が前年同期比約14%減となり、逆に韓国では約17%増、ベトナムで約13%増となった。

韓国の観光客増加要因として考えられているのが、LCC・スクートが首都ソウルでの営業をスタートしたことで、ベトナムの増加要因には外国人による旅行・観光スポットとして人気を博していることが挙げられるとシンガポール政府観光局は考察しているようだ。

※ 参考文献:SankeiBiz



k001a

シンガポールカジノニュースの最近記事

  1. シンガポールカジノの歴史は、驚くほど浅い

  2. シンガポールカジノの観光客数がマカオ・韓国を超える!?

  3. 2014年度シンガポールカジノ収益が前年比6000億円超

  4. シンガポール・ボタニック・ガーデンズが世界遺産登録を目指す!

  5. シンガポールにカジノホテル新設!次は日本の巨大市場に進出か?

関連記事

PAGE TOP