当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. シンガポールカジノニュース

2014年度シンガポールカジノ収益が前年比6000億円超

3月26日(水) - Sankei Biz

英国の非営利団体・世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によると、2014年度シンガポールの観光収入は前年比5.8%203億シンガポールドル約1兆6,366億円)に達する見込みのようです。

この値はアジア各国で中間層旅行客が急増したことが一因とされており、シンガポールでの観光産業雇用人口も前年比3.8%増の14万7,000人に達すると見られています。


観光産業の中核を担っているのが「マリーナ・ベイ・サンズ」と「リゾート・ワールド・セントーサ」の2ヶ所の巨大カジノIR施設。

シンガポールでこれだけ莫大な収益が出ているので、世界第1位のカジノ大国・マカオに匹敵する観光立国になる可能性のある日本カジノは、日本にさらなる巨額の市場を提供してくれるに違いありません。

カジノ解禁の日が来るのが、今から待ちきれませんね。

※ 引用元:Sankei Biz



k001a

シンガポールカジノニュースの最近記事

  1. シンガポールカジノの歴史は、驚くほど浅い

  2. シンガポールカジノの観光客数がマカオ・韓国を超える!?

  3. 2014年度シンガポールカジノ収益が前年比6000億円超

  4. シンガポール・ボタニック・ガーデンズが世界遺産登録を目指す!

  5. シンガポールにカジノホテル新設!次は日本の巨大市場に進出か?

関連記事

PAGE TOP