当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. シンガポールカジノニュース

世界第2位!?シンガポールカジノの急発展と税収

シンガポールカジノの税収調査結果
7月12日 - AsiaX

シンガポール政府によると、マリーナベイサンズやワールドセントーサなどのシンガポールにあるカジノリゾート(IR施設)からの税収が、2010年度は約565億円、2011年は約690億円だったそうです。

また、カジノへの入場税については、2011年度が約122億円、今年の上半期で約58億円でした。



世界第2位!?シンガポールカジノの急発展!
7月23日 - 産経ニュース

2011年度のシンガポールカジノの年間カジノ収益は、約4,530億円でした。この数値は、なんと世界一のカジノの本場「ラスベガス」の収益額にわずかに届かなかったくらい巨大な金額なのです。

専門家によると、2012年度はシンガポールのカジノがラスベガスを抜くと予想されており、これが実現すれば、マカオに次ぐ世界第2位のカジノ大国に位置付けられることになります。

客層の多くは、中国やアジアの新興国からの富裕層系観光客で占めており、アジアの時代の幕開けがもうすでに始まっていることを実感させられます。これからもますますシンガポールのカジノは栄えそうです。

※ 引用元:AsiaX・産経ニュース



k001a

シンガポールカジノニュースの最近記事

  1. シンガポールカジノの歴史は、驚くほど浅い

  2. シンガポールカジノの観光客数がマカオ・韓国を超える!?

  3. 2014年度シンガポールカジノ収益が前年比6000億円超

  4. シンガポール・ボタニック・ガーデンズが世界遺産登録を目指す!

  5. シンガポールにカジノホテル新設!次は日本の巨大市場に進出か?

関連記事

PAGE TOP