当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. シンガポールカジノニュース

シンガポールカジノ「マリーナベイサンズ」の成功のプチ理由

4月13日 - 産経ニュース

世界経済が低迷している中、高い成長を維持し続けているシンガポール。そして、そんなシンガポールの観光客誘致に高い貢献を示しているのが「マリーナベイサンズ」です。

総面積120,000平方メートルの展示場では、約2,000もの展示ブースが設営でき、ビジネスマンが利用できる会議室も約250室もあります。


アジア各国の中でも「アジアの入口」としての機能を持つシンガポールでは、このような国際的な展示会や会議などがひんぱんに行われ、1回の訪問では飽きることがないようなリピート客の獲得もうまくいっています。

たとえば、「アンディ・ウォーホル」や「タイタニック」をテーマとした定期的な美術展・企画展や、夜に屋外でおこなわれる水と光のショー、世界の様々なブランドショッピングモールの設置が功を制したと言えるでしょう。


また、シンガポールにはもう一つの巨大エンターテインメント&IR施設「リゾートワールドセントーサ」があります。こちらの施設も、カジノやホテル、国際会議場、アミューズメント施設などを統合した総合リゾートで、マリーナベイサンズ同様の観光客集客の要になっています。

※ 引用元:産経ニュース



k001a

シンガポールカジノニュースの最近記事

  1. シンガポールカジノの歴史は、驚くほど浅い

  2. シンガポールカジノの観光客数がマカオ・韓国を超える!?

  3. 2014年度シンガポールカジノ収益が前年比6000億円超

  4. シンガポール・ボタニック・ガーデンズが世界遺産登録を目指す!

  5. シンガポールにカジノホテル新設!次は日本の巨大市場に進出か?

関連記事

PAGE TOP