当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. マカオカジノニュース

マカオカジノのライセンスに中国資本が算入

1月23日(金) - NNA

マカオカジノがライセンス制だという話、ご存知だったでしょうか?

つまり、マカオでカジノを勝手にやることはできず、ライセンスを発行された企業のみが運営をすることができるのだそうです。


そしてそのライセンスは、一度発行されたら永久に効果があるというものではなく、更新時期というものが存在するそうです。


SJM:2020年3月31日
ウィン: 2022年6月26日
ギャラクシー: 2022年6月26日
ベネチアン: 2022年6月26日
MGM: 2020年3月31日
メルコクラウン: 2022年6月26日

※ 各企業運営カジノの詳細は上記をクリック


その更新時期が2020年から2022年にかけてやってくるそうですが、カジノ運営企業のライセンスを新たに中国系資本にも発行するという見込みが出てきました。

これは、中国中央政府がカジノ市場に非常に積極的であり、その意志をマカオ政府が考慮するのではないかという見方からきています。


今までにマカオでカジノ運営のライセンスを発行されたのは、カジノ王のSJMや、業界では有名なギャラクシー・エンターテインメント・グループメルコ・クラウン・エンターテインメントに加え、アメリカのカジノ大手企業傘下にあるサンズ中国ウィンマカオMGMチャイナ・ホールディングスなどがあるそう。

この6社しかライセンスを持っていないそうです。その事実にも驚きですね。

※ 参考文献:NNA http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000002-nna_kyodo-cn



k001a

マカオカジノニュースの最近記事

  1. 香港企業がマカオカジノ経営権取得に関心示す

  2. マカオカジノ全面禁煙化!売り上げ減少は必至か

  3. マカオ新IR施設「パリジャン」の開業、2016年にずれこむ

  4. マカオカジノのライセンスに中国資本が算入

  5. マカオカジノを脅かす『新禁煙法』

関連記事

PAGE TOP