当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. マカオカジノニュース

マカオグランドリスボア&フィッシャーマンズワーフがカジノ増床

11月12日(水) - マカオ新聞

マカオ半島の有名カジノの1つ「グランドリスボアカジノホテル」が、カジノ売り上げ減少を改善するため、カジノルームを増床することが分かった。

これは運営会社のSJMホールディングスが地元メディアの取材で明らかにしたことで、具体的には一般客が利用できる高額ベットルーム「ハイリミットルーム」の規模を拡大する方針とのこと。


現段階では、既存のエリアに5台、レストラン「粥麺荘」を閉鎖して改装するエリアに約15台のゲームテーブルを配置する予定。



11月16日(日) - マカオ新聞

カジノ運営企業・マカオレジェンドディベロップメントが傘下のマカオフィッシャーマンズワーフ内で着手してきた「ハーバービューホテル」が、来年3月までに開業することが分かった。


マカオフィッシャーマンズワーフは、マカオ半島の東岸にある「外港フェリーターミナル」近郊の施設。

現在「ハーバービューホテル」のほか、2つの新ホテル、400隻のクルーザーが停泊できるマリーナ、恐竜博物館、客席数1200席のオペラ劇場、コンベンション施設などの建設工事を進めている。


また、ハーバービューホテルに隣接する「バビロンカジノ」では、一般客が利用できるハイリミットルームを会員制にする予定。

フラミンゴスロットクラブ」については、新しくライブ中継型ゲームテーブルを2台設置し、サッカーくじ投票が可能な窓口も設置する方針とのこと。


※ 参考文献:マカオ新聞



k001a

マカオカジノニュースの最近記事

  1. 香港企業がマカオカジノ経営権取得に関心示す

  2. マカオカジノ全面禁煙化!売り上げ減少は必至か

  3. マカオ新IR施設「パリジャン」の開業、2016年にずれこむ

  4. マカオカジノのライセンスに中国資本が算入

  5. マカオカジノを脅かす『新禁煙法』

関連記事

PAGE TOP