当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. マカオカジノニュース

マカオハイローラーVIP客がラスベガス&フィリピンに多く出没

9月17日(水) - Bloomberg

中国の公務員による汚職取り締まりが強化されたことを受けて、マカオカジノの観光客が減少しているようだ。

とくにカジノ収益の7割以上を落としていくと言われる中国人富裕層のマカオ離れが相次いでおり、マカオ以外のシンガポールやフィリピン、ラスベガスにカジノのプレイ拠点を移しているらしい。


これを受けてフィリピンやラスベガスのカジノでは、ハイローラーVIP客へのサービスを強化し、食事や劇場鑑賞、ホテル宿泊、無料送迎、プライベートジェットの利用など様々なVIP待遇をより良いものにしているとのこと。


また、ラスベガスストリップ通り沿いにあるカジノリゾートでは、2014年7月までの1年間のカジノ収益が3.7%増の37億ドル(約4000億円)、さらにバカラにいたっては14.4%も増加したという。

※ 参考文献:Bloomberg



k001a

マカオカジノニュースの最近記事

  1. 香港企業がマカオカジノ経営権取得に関心示す

  2. マカオカジノ全面禁煙化!売り上げ減少は必至か

  3. マカオ新IR施設「パリジャン」の開業、2016年にずれこむ

  4. マカオカジノのライセンスに中国資本が算入

  5. マカオカジノを脅かす『新禁煙法』

関連記事

PAGE TOP