当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. 韓国カジノニュース

韓国カジノのドレスコードとは?NGファッションはあるのか?

ラスベガスカジノのドレスコードは、そこまで厳しくないところが多いという話は以前紹介しました。しかし、韓国カジノはどうなのでしょうか?

韓国カジノも同様です。ジーパンで入場することもできますし、襟がついていない服でもOKだそうです。


とはいえ、どんな格好でもいいというわけではありません。

タンクトップランニングシャツのようなものはダメですし、半ズボンも基本的にはNGです。

また、靴もスリッパのようなつっかけ靴や、ビーチサンダルのようなものは断られる可能性大。

顔を隠すようなアイテムもダメだと言われています。帽子をかぶったり、サングラスをかけたりするのも入場の際に声掛けされるかもしれません。


映画には、サングラスをかけてカジノで遊んでいる富豪が登場するイメージですが、実際にはかけながら遊ぶのはダメなようです。たしかにサングラスにカードが反射することもあるかもしれませんものね。

また、ダメージジーンズのようなぼろぼろに加工された服も避けたほうが懸命です。


もちろんドレスやタキシードを着ていってもいいかもしれませんが、場合によっては浮いてしまう可能性もあります。よく下調べしてから行きたいですね。

※ 参考文献:http://koreacasino.info/2012/06/wear.html



k001a

韓国カジノニュースの最近記事

  1. 「パラダイスウォーカーカジノ」のVIPルームと特典

  2. たくさんのカジノが集中する済州島の秘密

  3. 韓国カジノでも、敷地内で無料の飲食が楽しめる

  4. 韓国カジノのドレスコードとは?NGファッションはあるのか?

  5. 韓国のカジノホテルが充実しているのはやはり済州島

関連記事

PAGE TOP