当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. 韓国カジノニュース

韓国カジノで中国人観光客激増!パラダイスカジノなど

7月16日(水) - サーチナ

韓国のカジノが中国人観光客の増加によって、空前の大ヒット動員数を記録していることが分かった。


パラダイスゴールデンゲートカジノ仁川(ハイアットリージェンシー仁川)
セブンラックカジノ(ミレニアムソウルヒルトン)
パラダイスカジノウォーカーヒル(シェラトングランデウォーカーヒル)
セブンラックカジノソウル江南店
ラマダプラザ済州ホテル
ロイヤルパレスカジノ(済州オリエンタルホテル)
済州ゴールデンビーチKALカジノ(済州KALホテル)
ザホテル&ベガスカジノ
済州グランドホテル
パラダイスカジノ済州ロッテ(ロッテホテル済州)
ベルーガカジノ(済州新羅ホテル)
ハイアットリージェンシー済州ホテル
アルペンシアカジノ(ホリデイインリゾートアルペンシア平昌)
江原ランドカジノ(江原ランドホテル)
テグカジノ(ホテルインターブルゴー大邱)
パラダイスカジノ(パラダイスホテル釜山)
セブンラックカジノ(釜山ロッテホテル)


上記のように、韓国には主要カジノが17ヶ所存在するのだが、韓国人が利用できる施設は「江原ランドカジノ」の1ヶ所だけ。

ほかのカジノは主に中国からの観光客をターゲットにしている外国人利用施設だ。


韓国カジノ業界の統計によると、パラダイスグループが運営しているカジノの第2四半期営業額が前年同期比13.9%増の1749億ウォン(約175億円)に達し、その中でも中国人のVIP客の賭け金がなんと8360億ウォン(約836億円)と前年比約30%も増加しているという。

また、そのほかの大手企業運営カジノでは、2014年度4~5月の賭け金額が前年比5%増となっている。


さらに、今年1~5月に韓国を訪れた中国人観光客数はのべ209万5749万人で、前年比約57%増を記録した。

※ 参考文献:サーチナ



k001a

韓国カジノニュースの最近記事

  1. 「パラダイスウォーカーカジノ」のVIPルームと特典

  2. たくさんのカジノが集中する済州島の秘密

  3. 韓国カジノでも、敷地内で無料の飲食が楽しめる

  4. 韓国カジノのドレスコードとは?NGファッションはあるのか?

  5. 韓国のカジノホテルが充実しているのはやはり済州島

関連記事

PAGE TOP