当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. 日本カジノニュース

ポーカーが日本で大流行する!?カジノ合法化で注目されるゲーム

8月31日(日) - 週刊SPA!

日本でカジノが解禁する日が刻一刻とせまっているなか、最近話題を呼んでいるのが「ポーカーバー」というアミューズメントポーカーを楽しめるバーです。

ここで楽しめるポーカーは「アミューズメント」というだけあって、各店舗独自のチップを用いた無料ゲーム。もちろん、リアルマネーを賭けるという日本の法律に反する行為は行われていません。


ポーカーバー」が流行しつつある原因として考えられるのが、日本でのカジノ解禁ニュース、「ガットショット」という漫画アクションで連載が始まったポーカー漫画などですが、とくに日本人の多くにポーカーの存在を知らしめたのが、東大卒のプロポーカープレイヤー・木原直哉氏が世界最大のポーカートーナメント「WSOP」(世界ポーカー選手権)の「ポットリミットオマハ・シックスハンデッド」で優勝したことが大きいかもしれません。

そして、この大会で獲得した賞金額が約4,000万円~5,000万円という超破格賞金なのです!


これはゲーム好きやギャンブル好きには夢のあるニュースですが、じつはポーカーはギャンブルではありません。

囲碁・将棋や麻雀のように、プロフェッショナル・・・つまりゲームで生計を立てている人が存在する「スキルゲーム」に属しています。

とくに「麻雀」に近いゲーム性を持っているので、ポーカーと麻雀の2つはぞくに「不完全情報ゲーム」と呼ばれているほどです。


>> 次記事につづく

※ 参考文献:週刊SPA!



k001a

日本カジノニュースの最近記事

  1. 米ゲーミング協会が日本カジノについて意見を述べる

  2. 沖縄カジノは絶望か!?横浜カジノが最有力候補に

  3. 日本でもカジノを疑似体験できる機会が増えてきた!

  4. 日本カジノ法案可決が持ち越しに!?審議が遅れる2つの原因

  5. 大阪・沖縄・横浜に日本カジノができる!

関連記事

PAGE TOP