当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. 日本カジノニュース

12月にカジノ解禁法案提出!?2020年五輪を目途に開業目指す

11月26日(火) - Yahoo!ニュース

12月の臨時国会で、ようやく長年綿密な構成を練ってきた超党派の「カジノ法案」が提出される運びとなりそうです。

提出の意向はカジノIR議連・副会長である日本維新の会・小沢鋭仁氏が発言したもので、もし提出されれば来年度の通常国会でカジノ解禁が実現するかもしれません。


カジノ法案が成立すればカジノを中核にホテル、ショッピング施設、劇場、アトラクションなどの施設を取り入れたリゾート施設(特定複合観光施設)が建設されることになります。

そうなると、国内観光や海外からの観光客(とくに中国・アジア圏)が日本に旅行に来る機会が増えて、外貨の獲得とともに社会的・経済的に絶大な効果が期待できるのです。


一方でギャンブル依存症や既存ギャンブル(パチンコ・宝くじなど)との関連性も懸念される要素ではありますが、それを見越した上でもカジノリゾートを建設することの経済効果は計り知れないものがあると思います。

カジノ関連銘柄の株価もこれからが楽しみですね。

※ 超党派のIR議連には自民党、民主党、公明党、維新の会、みんなの党などの国会議員が約170名ほど登録しています。

※ 引用元:Yahoo!ニュース



k001a

日本カジノニュースの最近記事

  1. 米ゲーミング協会が日本カジノについて意見を述べる

  2. 沖縄カジノは絶望か!?横浜カジノが最有力候補に

  3. 日本でもカジノを疑似体験できる機会が増えてきた!

  4. 日本カジノ法案可決が持ち越しに!?審議が遅れる2つの原因

  5. 大阪・沖縄・横浜に日本カジノができる!

関連記事

PAGE TOP