当サイトは、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどのアジアカジノリゾートIR施設・MICEのほか、ラスベガスやヨーロッパの歴史あるカジノを舞台とするカジノ業界を取り巻くニュースを掲載しています。

  1. 日本カジノニュース

2014年~2015年に株価急上昇!?カジノ関連株の奇跡はあるのか?

8月13日 - ZAKZAK

超党派の国会議員により形成される国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)は、今年の秋にも国会にカジノ解禁法案を提出する準備をしているそうです。

数年前から元東京都知事の石原さんとタッグを組みカジノ解禁を全面的に推し進めてきた橋下徹大阪市長や、現東京都知事の猪瀬直樹氏もカジノ誘致を目指すことを表明してます。


また、先日「日本維新の会」では個別にまとめたカジノ法案を国会に提出し、大きな話題となりました。韓国、マカオ、シンガポール、フィリピン、台湾など、アジア諸国のほとんどはカジノが解禁されており、残りは日本だけ・・・・!!

もし日本でカジノリゾートが造られれば、リゾートホテルや遊技機メーカー、観光産業、飲食業界にいたるまで、多くの事業体でたくさんのお金がまわることになり日本経済が活性化する見込みです。その予測の元になっているのが、リゾート・ワールド・セントーサマリーナ・ベイ・サンズでの観光収入の成功を実現したシンガポールとのこと。


そして現在、大きな注目を浴びているのが「カジノ関連株」です。もし日本でカジノが合法化したとしても、リゾート自体がオープンするのは2020年以降とされていますが、もし今カジノ関連株の動向に注目していたら・・・!?


ちなみに、貨幣・紙幣識別機などの大手メーカーやオーイズミ、アメリカやカナダなどでカジノゲーミングライセンスを取得したコナミあたりが有力視されているとか!?

※ 引用元:ZAKZAK



k001a

日本カジノニュースの最近記事

  1. 米ゲーミング協会が日本カジノについて意見を述べる

  2. 沖縄カジノは絶望か!?横浜カジノが最有力候補に

  3. 日本でもカジノを疑似体験できる機会が増えてきた!

  4. 日本カジノ法案可決が持ち越しに!?審議が遅れる2つの原因

  5. 大阪・沖縄・横浜に日本カジノができる!

関連記事

PAGE TOP